メルマガを利用した集客について

『メルマガを活用して集客を!』古いと感じられるでしょうか。

現在、SNSや企業オリジナルアプリなど新しいものが出ている中で古臭いイメージは拭えないのが正直なところです。
実際、今やメールといえば題名だけ見て自分に必要がなければ開封せずにゴミ箱へという方が非常に多いのが現実です。

しかし、メルマガとは単に、中身を見てもらい、割引を使ってもらうだけの集客方法ではないのです。
先に、説明したとおり、メールは今や、題名だけ見るだけのものになってしまいました。

ただ、ここで考えていただきたいのは自分に必要かどうかをどこで判断しているのかということです。
『差出人』と『題名』ですよね。

ここがポイントで、だれから、つまり、お店からメールが届いていることを理解しており、題名から内容を予測して、今の自分には必要ないと判断しているから削除されているんです。

これって、つまりはその度に、そのお店を思い出し、どんなことをやっているのかを毎回自分の脳にインプットしていることになるんです。
人間は自分に必要が出てくると自然と自分の脳にインプットした情報が引き出されるようになっています。つまり、お店に行く用事さえできれば、自ずとご来店に繋がるということなんです。

これがメルマガを活用した集客方法の狙いなんです。
また、メールにはSNSや企業アプリにはない良さがあります。

それは、誰もが使える状態にあるということなんです。SNSにしろ、企業アプリにしろ利用する人が登録していないと情報を送ることがができません。

しかし、メールはパソコン・スマホそしてガラケーでも受け取ることができます。
つまり、サービスやお客様の趣味趣向に左右されにくいということなんです。

ただし、問題ないのはどうやって、メルマガの購読者を増やすかです。
それには2つの方法があります。

まず一つ目は、メルマガの相互紹介をしてみることです。相互紹介とは、他のメルマガの管理者に自社のメルマガを紹介してもらい、
見返りに、自社のメルマガで、相互先のメルマガ紹介をしてあげることです。

まぐまぐとかの管理者に直接メールを送って交渉するのが話が早いかと思いますが、最大の欠点は、自社の読者数が少ないと相互紹介をしてもらえません。

二つめは、メルマガ購読専用のLPを制作して、PPC広告を打つことです。
私の過去の経験則で言うと、1購読者1000円〜2000円ぐらいで獲得できます。

なので、一番最初は集客できる強固なLPを制作し、PPC広告を打って、100人以上の読者数が増えてから相互紹介をガンガンしていき、リストを集めていくのがいいでしょう。

ちなみに1万人以上の読者数が増えると、広告も出せるのでメルマガもけっこう儲かるんです。w

メールもまだまだ捨てたものではないよね。
今一度、見直してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です