顧客志向型が一般的になる

現在では、顧客利益率を算出していて、顧客を保持するために組織化を進める企業は、戦略的優位性をもっている。もうすぐ、顧客は自分が誰かを認識し必要なものを届けてくれることを企業に期待するようになり、二年以内には、顧客に気を配り、顧客を支援するような企業が一般的になる。匿名の顧客に製品ラインを販売している企業は、収提を維持するのに奮闘しなければならないだろう。

顧客志向型の企業は、まだまだ先の話のように見えるかもしれないが、その方向に進むことで、実質的な成長を手に入れることができるのである。まず、今日から第一ステップを踏み出して戴きたい。最も利折率の高い顧客をいくつか識別し、その顧客との緊密な関係を強固にするためにエレクトロニックコマース・ソリユ—シヨンを設計するのである。こうした実践から多くのことを学びとり、小さな成功が次のステップへの移行を容易にするだろう。

狙いを定めた顧客の保持率とその顧客にかかっているコストを知ることから始めて戴きたい。こうすることで、エレクトロニックコマ—スの成果を評価するのに必要な測定基準を獲得できるからである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です