ノウハウを持った代理店に任せるとき

宣伝費が潤沢な大企業が企業全体として広告を打つ場合には、すでに広告を出すためのしくみができ上がっている。

マーケティングから制作までを代理店に任せ、宣伝部の担当者は代理店とべったりでCMを作っていく。

すべてがそうではないが、こんなケースが多いだろう。

広告制作に慣れた代理店にすべて任せたほうが、最終的には間違いのないものができ上がるからだ。

こういった従来のダンドリどおりの広告制作を行うなら、やはり代理店や「マルヨシ」のようなノウハウを持ち合わせたところにすべてを依頼するのが正解だ。

注意すべきは、大手広告代理店といえども既存の広告媒体に比べて、インターネット広告に関しては知識の蓄積が薄くなってしまうことだ。ただし最近では、インターネット広告をはじめとするデジタル分野専門のスタッフがいるはずなので、担当者とじっくりと打ち合わせてみよう。

この方法の広告出稿は、「SEOに強いホームページ制作で宣伝する」というコンセプトからはやや外れてしまうので、あまりページ数を割くことはできないが、広告のターゲットとするユーザーがインターネットの検索ユーザーとだぶってくることが多いなら、既存のメディアとは比べものにならない効果が上がるはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です