サーバー登録やメンテナンスも任せる

オプションとして次のようなものもある。まず、「サーバーへの登録」。ランディングページをサーバーへ登録してもらうことだ。どこかのプロバイダと契約し、自分で登録することも可能だが、コンピュータに関する知識と技術が必要になる。

できれば化粧品や健康食品のランディングページを制作した業者に依頼するのが正解だ。また、普通の業者はサーバーを持っているが、そのサーバーのレスポンスが悪いと、ランディングページを閲覧するときに重く感じるようになってしまう。

実際に制作会社の持っているサーバーにアクセスしてみて、極端にレスポンスが悪いようなら、大手プロバイダにランディングページを持つ契約を結び(データ量が少なければ、通常の利用料金だけで追加料金は不要なことが多い)、そちらへの登録もあわせて依頼しておこう。
「メンテナンス」を依頼することもできる。メンテナンスは「データの更新」を意味することが多い。ランディングページは内容の更新を行わないと、飽きられて見る人が減ってしまう。普通に考えても、いつ見ても同じ内容のランディングページを見る気がしないのは当然のことだ。

そこで、掲載している写真や文書をこまめに変更することになるが、やはり、ランディングページを制作できる知識がないと作業は難しいと言えるだろう。ランディングページを制作した会社とメンテナンスの契約を結んでおくのが一番だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>