専用LPの準備

WEB広告や検索ワードにより、WEBサイト内のページの中から、最適なランディングページを見つけることは難しい場合も当然あることを予測して、サイトから独立した専用のLPを用意することも必要かもしれません。

「椅子 介護」でワード検索した介護用品を例として挙げると、「介護に適した電動式の椅子が欲しい」をいう購入目的が明確です。こういうケースでは、「介護用電動式椅子」の製品一覧をランディングページから見れるようにしておけば、ベストです。

また「パンツ」で検索した場合は、「介護パンツで大きさがどれくらいのものがあり、サイズだけでなく吸収力も購入する際には必要なので、パンツの選び方ひとつで快適な介護生活を提案する」ような、ランディングページを新たに用意する必要が、効果的です。

新規にランディングページを用意するには制作費がかかります。月に数件しかないアクセスのために、費用をかけてまでランディングページを準備するのはもったいないですね。ある程度のアクセス数を獲得できているのに、コンバージョン率に結び付かず、売上向上にならない広告や、検索キーワードがあるときは、ランディングページを改めて分析し、必要であればランディングページとバナー制作をリニューアルしましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>