サッカークリニックとは

はじめに、サッカークリニックとは何でしょう。
日本ではまだあまり馴染みのない言葉ですが、一般のサッカー教室は参加者全員が同じレッスンやトレーニングをしますが、クリニックではメニューは同じでも個々のスキルに応じて、プログラムを変えるのです。

また「個」に着目するので、一人ひとりのサッカー選手としてのレベルアップはもちろん、サッカーを通じて運動能力を向上させるという目的もあります。サッカーをすることでトータル的に運動機能をアップさせることが目的とされるのが、サッカークリニックです。

ではサッカークリニックではなにをするのでしょうか。サッカーを通じて、「サッカー技術のスキルアップ」「運動能力のスキルアップ」「メンタル的なスキルアップ」を目指します。

基本的にはサッカー技術向上のために必要な技術のスキルアップです。サッカーの基本となるのはボールを「止める」「蹴る」「運ぶ」「見る」。これを基礎から応用まで様々なプログラムで試 合で通用する技術を習得します。「どうしてこうするのか?」をプレーヤーそれぞれが考えてプレーすることで、実践で突発的に自分で考えられるようになるというわけです。

また運動能力アップですが、「ゴールデンエイジ」という言葉をご存知でしょうか?発達仕立ての神経系(6歳で大人の90%発達)を用いて、筋力的ではなく感覚的に様々な動作を習得することのできる小学生年代のことです。中学生で体に変化が起きると動作を自分の筋力で習得するようになっていきますが、これは筋力の効果で行っているので、感覚的動作としては残らないといわれているのです。

ですから、運動能力、健康的な体作りとはこのゴールデンエイジで決まってしまうといっても過言ではないでしょう。そのため動作の多いサッカーを通じ、運動能力のスキルを向上させていきます。これはサッカーの技術をあげるだけではなく、一人ひとりの運動能力のアップにつながります。

そのため日本サッカー協会では、小学生年代の個人技術習得は必須としています。そしてメンタル面では、人として重要なメンタル的な部分をサッカーを通じ向上させていきます。コ ミュニケーション能力、達成に向かう向上心、そのための集中力、必要な想像性、社会に出ても重要な自主性や協調性をサッカーのトレーニングで意識することにより習得できるのことが、サッカークリニックの狙いなのです。

どこのクリニックも同じですが、競争が年々激化しており、集客が困難になってきています。もちろん、サッカークリニックも例外ではありません。クリニックの集客なら手っ取り早くSEO対策を成果報酬で行うのも手かと思います。

提供サービスのクォリティーと新規顧客開拓の両立をバランスよく行う経営がやはり難しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>