歯科で行われている「デンタルインプラント」とは

歯を虫歯や歯周病、外傷などで失った場合に、歯茎内の骨に直接器具を詰めて、義歯が簡単に外れてこないようにするために、人工の歯根をつめます。この人口歯根のことをインプラントと呼んでいます。

これまでの歯科技術ではブリッジいう技術で義歯を作っていました。歯を抜いたままにしておくと、隣の歯が倒れてきたり、噛み合う歯が伸びてきたりして、全体の噛み合わせのバランスが崩れてきます。そこで、抜いた歯(欠損 歯)を補うため、欠損歯の代わりとなる人工の歯を、両隣の歯 にかぶせる冠と一体でつくり両隣の歯を土台にして、人工歯を支えるていました。

ところが、失った歯を作る為に両隣の歯を削ることで削った歯の寿命が短くなるという見解が。また、取り外しの入れ歯は、痛みがあったり、入れ歯が動くという、決して満足のいく治療方法ではなかったようです。

現代多く行われているインプラントの素材の主流は純チタンか、チタン合金で、形はネジのような形や、シリンダー 状、歯の根のように先に行く程細くなった形などが主流です。表面は機械研摩してあるタイプから変化を見せており、現在では、骨との結合が得られ易いタイプが多くなってきたとのこと。

さらに近年はインプラント表面に、骨を構成する基本物質である水酸化燐灰石(りんかいせき)で、人体の骨や歯と同じ化学組成をもつことを利用したハイドロキシアパタイトをコーティングしたタイプ の物もあります。実際にインプラントを埋め込むためのオペを行なうには、まず、いろいろな検査をして、インプラントができるかどうかを事前に調べます。誰でもできるというわけではないのです。

インプラントのオペは、日帰りで、数時間程度で済みます。インプラントができないということであれば一生入れ歯ですが、インプラントができるのであれば、ずっと合わない入れ歯で苦労したり、高い入れ歯に入れ替えたりしても、入れ歯があわなければ食事もおいしくたべれなく、不快な毎日を過ごすことに。このような方は、インプラント治療を検討してみてもいいかもしれません。

よく私の家には折込チラシやDMなどの印刷物が諸々入ってきますので、そういった中から選んで問い合わせをしてみるのもいいかもしれません。

ただし歯科インプラント治療は保険がきかず、歯科医が治療費を自由に設定できる「自由診療」で医師が自由に価格を設定します。治療後のトラブルがないとも言い切れません。治療を受ける前に、きちんと医師と話会うことをお勧めいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>