ランディングページがビジネスでどんな影響がありますか?

LPO対策が取られた中で、100人の見込客がサイトに訪れたとしても、その人たちが自分の目的の商品がサイト内のどのページにあるのかを見つけることができなければ、サイトの入口から離れてしまい、せっかく集めた見込客を逃してしまいます。

色々な国からの輸入アクセサリーを扱う、インポートアクセサリー専門のショッピングサイトが、「ドイツ ネックレス」というキーワードで検索エンジン広告を作成している例をあげてみましょう。

このキーワードで検索を行っている人は、「ドイツのネックレスを買いたい!」という明確な意識を持っていると憶測されます。

でも実際、検索エンジン広告をクリックして訪れたインポートアクセサリー専門ランディングページがサプリメントショップのホームページのトップ画面だったら、せっかく「ドイツのネックレス」という言葉で検索したのに、トップ画面からさらにドイツのネックレスを探さなければなりません。

これではせっかく自社賞品買いにサイトまで来てくれた見込客が離れていってしまうだけでなく、検索エンジン広告の意味がなくなってしまいます。これはランディングページが見込客の求めるページでないことが原因なのです。

検索エンジンの場合は半数以上のユーザーが6秒以内にランディングページから立ち去ってしまうといわれています。検索結果で検索エンジン広告をクリックして表示されたランディングページで、一目で自分の目的の商品が見つけられなければ、すぐに検索結果画面に戻り、競合会社のサイトに移動していしまいます。広告を出している会社は見込客を逃してしまうことになるのです。

上記のように、ランディングページから離れていかなようにするための対策として、特に検索エンジン広告やSEO対策の分野で注目されているのがランディングページ最適化LPO(Landing Page Optimizatio)です。

同じ検索エンジンユーザーでも検索する言葉が異なれば、その動機や目的も異なります。それぞれの目的を持ったユーザーの目的にピッタリと合ったランディングページを用意することで、サイトまで来てくれそうな人が、スムーズに最適なランディングページを用意することで、せっかくサイトまで来てくれた人がスムーズに目的を達成する=欲しい商品がすぐに買える=コンバージョン率の達成を果たすための手法です。

以上のように、単にアクセス数を増やすことだけに留まらず、アクセス数を無駄なくコンバージョンを上げるため、ランディングページは考えている以上に最も大切で必要不可欠な役割を担っているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です