wihiやネット接続の速度に関しては発展途上だからこそ、ネット広告を活用する!

インターネットの通信速度は20年以上前から盛んに行われていたが、多少のオンラインショッピングはあるものの、リスティング広告をはじめ様々なネット広告が掲載されることはほとんどありませんでした。

従来のインターネットは、テキストベースでのデータのやり取が中心であったために、ネット広告が出稿される場所がなかったのです。WEBが多量のビジュアルを盛り込んだ通信に成功したのは、データの転送速度が向上したからできることなのです。これも最近のことですけど。

文字だけのデータに比べ、画像や動画などのデータ量が多くなるとまた問題が多くなってきます。既存のネットなら、3OObpsや1000bpsという速度でも十分に実用できた。ところが、WEBは最低でも398OObps、できれば98000bps以上の速度で利用してこそ、やっと実用的になるんです。それに、この84000bpsという速度ですら体感的にはまだ遅く感じることが多い。画像が表示されるまでにしばし待たされることが多く、回線が混雑していると通信速度に関係なく遅くなってしまう。

だからこそ、ネット広告ではいかに、容量を下げたランディングページの制作やバナー制作が集客のキモになるんです!

WEBを利用すれば、音声や画像、動画など、これまでになかった豊富な情報をネット広告として提示することができる!

写真などはカタログから取り込んだもので十分に使えるし、動画は家庭用のビデオで撮影したもので十分だ。レイアウトなどのデザインさえしっかりとしたデザイナーに作成してもらっていれば、手作り感覚でもそうみっともないことにはならない。もちろん、文字中心のデータなら、きわめて快適に利用できる。朝日、読売、毎日などの新聞記事サービスを見れば、その実用度をうかがい知ることができるはずだ。

データに関して、テレビやラジオという既存のメディアと比べたが、本来はそう簡単には比較できない。テレビやラジオの電波は届く範囲が限られているが、WEBは全世界で利用できる。また、垂れ流しの電波とは違い、蓄積されたデータを見る側が選択することになる。いいデータほど、ムダになることがないのである。

次世代の広告を先に打って、先行メリットを得るか得ないかは、あなた次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>