効果を明確にする!売れる化粧品・医薬部外品・健康食品の特徴

通信販売において、企業がLPを制作してまで、販売する商品として多いのが、化粧品や医薬部外品です。
消費者のこれらに対するニーズは常に高く、様々な効能を期待して購入する人々が多いです。
売れる化粧品や健康食品の宣伝手法としては、効果や成分を明確に記載しておくという事です。
効果を明確にしておく事によって、消費者は商品に興味を持ち、サンプル品を用意しておけば、申し込んでくれる可能性が高まります。

定期購買を行ってもらう為には、サンプル品で効果を実感してもらうのが一番良い方法だからです。
医薬部外品や健康食品には、ビタミン類が配合されていたり、コラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分が配合されていたりします。

製品の効能は、含まれている成分がどのくらい配合されているかや製法によって変わってきます。
その為、実際に製品を使った人々のレビューを載せる事が多く、それぞれの人々の感想を参考にして、消費者が製品を試してみようと考えるようになります。
売れる健康食品や医薬部外品の特徴は、宣伝に工夫が施されており、ネット広告などで消費者が興味を持ちやすい内容を盛り込んでおくようにしている事です。

実際に効能が期待出来る製品でなければ、宣伝で良いように書いていても、直ぐに人気が下火になってしまいます。
良い製品を上手に宣伝する事が売り上げを伸ばす為に欠かせない要素となっています。
効能や成分など消費者が知りたい情報を明確に公開していく事によって、集客力を引き上げられます。

格安チラシ印刷のデザイン

印刷物を格安で作ろうと思ったら、ネット通販の印刷所が便利です。
注文やデータの送信をネット上で行い、工場から直接成果物が送られてきます。実店舗での営業を行わないことで、店舗代、人件費を削減しているため、驚くほど格安で製作することができます。

ただし、通常、発注者と工場の間に営業担当が入り、初校、再校、と校正を重ねますが、ネット通販では校正を終わらせた原稿データを送信しなければならないので、注文後に修正はできません。また、ネット上でデータを送信することで入稿しているので、手書き原稿はスキャナ等でパソコンに取り込み、データ化しないと受付できません。また、指定されたデータ以外の保存形式で入稿すると、データ変換に別途料金が必要になってくる場合があります。パソコン操作ができなければイメージ通りの原稿は作れません。

しかし、パソコンができなくてもお洒落なチラシを作ることができます。
ネット通販では、DMのデザイン制作もお手伝いしてくれるところがあるのです。

会社によって専任のデザイナーが希望にそったデザインを提案してくれるものや、ある程度のひな型が用意されていて、それに沿って掲載したい文章やイラスト写真のような素材を送ると、組み合わせてデザインを作ってくれるものがあります。どちらも出来上がったデザインをチェックして修正する時間が必要ですが、自分のイメージがプロの技術で出来上がってくる感動はなにものにも変えられません。
目に留まってこそのチラシです。自信を持って渡せるチラシを、ネット通販を上手に使って格安で手に入れましょう。

ABテストが成功するLPの秘訣

おはよーございます(^_^メ)

編集部のアンパンマンです。今日はABテストについてお話ししましょう。少しでもお役立ちできれば幸いです。

ランディングページは、メインサイトなどとは別に用意されるページで、これを使って、ネットユーザーに興味を持ってもらえるようにする事が出来ます。特に、キャンペーンなど一時的な使い方で人を集めたい場合に効果的です。

特に一般のホームページの成約率は0.5%程度と言われておりますが、ランディングページだと成約率は1%を超えると言われております。

そのランディングページの成約率を更に高めるために、複数のページを使って、ABテストを行う事が多いです。ABテストを行う事により、成約率の高い結果が出るページだけを残していく事によって、コンバージョン率を高めていく事が出来ます。

キャンペーンを多くの人々に知ってもらう手段として効果がありますので、積極的に導入し、必ず、同じ内容のページを用意して比較しておきます。見た人々が内容を理解しやすいようにしておくと良いでしょう。

ABテストが成功するLP制作の秘訣は、ズバリ、1カ所ずつ変更していく事です。当たり前なのですが、2パターンのLPがある場合、複数個所を変えてテストしても、どこが改善してコンバージョン率が上がったのかわからなくなるためです。

また、ランディングページと合わせて、SEO上でのポイントとして、文章にビッグワードやミドルワードなどの適切なキーワードを適度に使っていく事で、検索エンジンが認知しやすい状況を整えていきます。

秘訣を考慮しながら、ページを作っていく事によって、宣伝効果を高められます。
ランディングページは文章コンテンツの仕上がりが非常に大切であり、この出来によって、宣伝効果が出るかどうかが決まってきます。

ではでは今日はこれまで~

反響率の高いポスティングチラシの秘訣

家に帰ってきたら、ポストにチラシが入っていたので、その場でごみにしてしまうという経験はないでしょうか。

筆者の家に投函されるほとんどのチラシはゴミ箱行きです。ポスティングチラシは昔からよく行われてきた広告方法ですが、反響率が非常に低いやり方であることは否めません。

「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」の考えで、投函する側もとにかく部数を投函すればお金になるとう意識でやっているからです。残念ながら、そのようなやり方では、いつまでたっても反響率は低いままでしょう。

では、どうやったらポストに投函した相手の興味を引けるのか。その秘訣を考えてみたいと思います。たとえば、単なる紙のチラシがポストに突っ込まれているのと、ポケットティッシュでも中に入っているチラシとだったらどちらに目が行くでしょうか。おそらく後者でしょう。

というのも、人間は何か報酬を与えられたら気にしてしまう生き物なのです。街頭のチラシ配りを考えてください。ただ広告を配っている人と広告入りポケットティッシュを配っている人なら、なんとなく後の人のチラシをとりませんか。この原理をポスティングに活かしてみましょう。

ティッシュだけだとパンチが弱いので、たとえばマンションのチラシなら「展示会に来てくれた人限定のクーポン」を目立つように印字したチラシを作るのもよいでしょう。

「外れなしの抽選券」とかなら展示会に興味を持って来てくれる人が増えるでしょう。
とにかく興味を持ってもらうための「アメ」をチラシに作り、そのチラシの中でも「アメ」が目立つようにデザインするのです。ポスティングチラシが捨てられなくなる秘訣はそこにあります。次にポスティングチラシやDMを作る際には、ぜひ試してみてください

メルマガを利用した集客について

『メルマガを活用して集客を!』古いと感じられるでしょうか。

現在、SNSや企業オリジナルアプリなど新しいものが出ている中で古臭いイメージは拭えないのが正直なところです。
実際、今やメールといえば題名だけ見て自分に必要がなければ開封せずにゴミ箱へという方が非常に多いのが現実です。

しかし、メルマガとは単に、中身を見てもらい、割引を使ってもらうだけの集客方法ではないのです。
先に、説明したとおり、メールは今や、題名だけ見るだけのものになってしまいました。

ただ、ここで考えていただきたいのは自分に必要かどうかをどこで判断しているのかということです。
『差出人』と『題名』ですよね。

ここがポイントで、だれから、つまり、お店からメールが届いていることを理解しており、題名から内容を予測して、今の自分には必要ないと判断しているから削除されているんです。

これって、つまりはその度に、そのお店を思い出し、どんなことをやっているのかを毎回自分の脳にインプットしていることになるんです。
人間は自分に必要が出てくると自然と自分の脳にインプットした情報が引き出されるようになっています。つまり、お店に行く用事さえできれば、自ずとご来店に繋がるということなんです。

これがメルマガを活用した集客方法の狙いなんです。
また、メールにはSNSや企業アプリにはない良さがあります。

それは、誰もが使える状態にあるということなんです。SNSにしろ、企業アプリにしろ利用する人が登録していないと情報を送ることがができません。

しかし、メールはパソコン・スマホそしてガラケーでも受け取ることができます。
つまり、サービスやお客様の趣味趣向に左右されにくいということなんです。

ただし、問題ないのはどうやって、メルマガの購読者を増やすかです。
それには2つの方法があります。

まず一つ目は、メルマガの相互紹介をしてみることです。相互紹介とは、他のメルマガの管理者に自社のメルマガを紹介してもらい、
見返りに、自社のメルマガで、相互先のメルマガ紹介をしてあげることです。

まぐまぐとかの管理者に直接メールを送って交渉するのが話が早いかと思いますが、最大の欠点は、自社の読者数が少ないと相互紹介をしてもらえません。

二つめは、メルマガ購読専用のLPを制作して、PPC広告を打つことです。
私の過去の経験則で言うと、1購読者1000円~2000円ぐらいで獲得できます。

なので、一番最初は集客できる強固なLPを制作し、PPC広告を打って、100人以上の読者数が増えてから相互紹介をガンガンしていき、リストを集めていくのがいいでしょう。

ちなみに1万人以上の読者数が増えると、広告も出せるのでメルマガもけっこう儲かるんです。w

メールもまだまだ捨てたものではないよね。
今一度、見直してみませんか?

ネットで稼ぐ!通販販売のビジネスモデルとは?

安定的にネット通販で稼ぐことを現実のものにしたいときは、手作りのパソコンを取り扱うことが賢明です。ただし、材料から自作する必要はありません。

今日の情報化社会だからこそニーズが高まっているパソコンは、一年間に数えきれないほどの台数が処分されています。

前のオーナーにとっては不必要になったパソコンには、まだまだ現役で使うことができるパーツが含まれています。それを寄せ集めて新たなパソコンを作り上げ、ネット通販で販売して稼ぐというわけです。

パソコンを手作りするには高等テクニックが必要などということはなく、簡素な模型を組み立てられるだけの器用さがあれば問題はありません。

コンピューターを構成する部品の知識が必要であることは事実ですが、覚えるべきことはあまり多くないことが特徴です。入門用の書籍を読み込んでおくことによって、基本的な組立方法が身に付けられます。

ネット通販で稼ぐには、一つだけのビジネスモデルで勝負するには心もとないです。いつ何時ライバル店舗が登場するのかわかりませんから、現状の事業に関連したビジネスモデルを考案しなければなりません。自作したパソコンを販売するのなら、ストックしているパーツを有効に活用することが可能です。

購入した商品が故障したなどと顧客から問い合わせがあれば、現物を引き取ります。そして、故障している部品をストックしているパーツと置き換えることによって修理できるので、アフターサービスを提供して報酬を得ることができます。

売る商材が決まったらもっとも重要なことはセールスです。つまりネットマーケティングになります。とりわけ、楽天やYahoo!などで販売することになるかと思いますが、そこで重要なのがLP制作です。ネットで売るなら売る最強の営業マンがいないと売れるはずありません。ネット通販に特化したLP制作の問題をいかにクリアーするかが成功の秘訣と言えるでしょう。

wihiやネット接続の速度に関しては発展途上だからこそ、ネット広告を活用する!

インターネットの通信速度は20年以上前から盛んに行われていたが、多少のオンラインショッピングはあるものの、リスティング広告をはじめ様々なネット広告が掲載されることはほとんどありませんでした。

従来のインターネットは、テキストベースでのデータのやり取が中心であったために、ネット広告が出稿される場所がなかったのです。WEBが多量のビジュアルを盛り込んだ通信に成功したのは、データの転送速度が向上したからできることなのです。これも最近のことですけど。

文字だけのデータに比べ、画像や動画などのデータ量が多くなるとまた問題が多くなってきます。既存のネットなら、3OObpsや1000bpsという速度でも十分に実用できた。ところが、WEBは最低でも398OObps、できれば98000bps以上の速度で利用してこそ、やっと実用的になるんです。それに、この84000bpsという速度ですら体感的にはまだ遅く感じることが多い。画像が表示されるまでにしばし待たされることが多く、回線が混雑していると通信速度に関係なく遅くなってしまう。

だからこそ、ネット広告ではいかに、容量を下げたランディングページの制作やバナー制作が集客のキモになるんです!

WEBを利用すれば、音声や画像、動画など、これまでになかった豊富な情報をネット広告として提示することができる!

写真などはカタログから取り込んだもので十分に使えるし、動画は家庭用のビデオで撮影したもので十分だ。レイアウトなどのデザインさえしっかりとしたデザイナーに作成してもらっていれば、手作り感覚でもそうみっともないことにはならない。もちろん、文字中心のデータなら、きわめて快適に利用できる。朝日、読売、毎日などの新聞記事サービスを見れば、その実用度をうかがい知ることができるはずだ。

データに関して、テレビやラジオという既存のメディアと比べたが、本来はそう簡単には比較できない。テレビやラジオの電波は届く範囲が限られているが、WEBは全世界で利用できる。また、垂れ流しの電波とは違い、蓄積されたデータを見る側が選択することになる。いいデータほど、ムダになることがないのである。

次世代の広告を先に打って、先行メリットを得るか得ないかは、あなた次第です。

ランディングページがビジネスでどんな影響がありますか?

LPO対策が取られた中で、100人の見込客がサイトに訪れたとしても、その人たちが自分の目的の商品がサイト内のどのページにあるのかを見つけることができなければ、サイトの入口から離れてしまい、せっかく集めた見込客を逃してしまいます。

色々な国からの輸入アクセサリーを扱う、インポートアクセサリー専門のショッピングサイトが、「ドイツ ネックレス」というキーワードで検索エンジン広告を作成している例をあげてみましょう。
このキーワードで検索を行っている人は、「ドイツのネックレスを買いたい!」という明確な意識を持っていると憶測されます。
でも実際、検索エンジン広告をクリックして訪れたインポートアクセサリー専門ランディングページがサプリメントショップのホームページのトップ画面だったら、せっかく「ドイツのネックレス」という言葉で検索したのに、トップ画面からさらにドイツのネックレスを探さなければなりません。

これではせっかく自社賞品買いにサイトまで来てくれた見込客が離れていってしまうだけでなく、検索エンジン広告の意味がなくなってしまいます。これはランディングページが見込客の求めるページでないことが原因なのです。

検索エンジンの場合は半数以上のユーザーが6秒以内にランディングページから立ち去ってしまうといわれています。検索結果で検索エンジン広告をクリックして表示されたランディングページで、一目で自分の目的の商品が見つけられなければ、すぐに検索結果画面に戻り、競合会社のサイトに移動していしまいます。広告を出している会社は見込客を逃してしまうことになるのです。

上記のように、ランディングページから離れていかなようにするための対策として、特に検索エンジン広告やSEO対策の分野で注目されているのがランディングページ最適化LPO(Landing Page Optimizatio)です。

同じ検索エンジンユーザーでも検索する言葉が異なれば、その動機や目的も異なります。それぞれの目的を持ったユーザーの目的にピッタリと合ったランディングページを用意することで、サイトまで来てくれそうな人が、スムーズに最適なランディングページを用意することで、せっかくサイトまで来てくれた人がスムーズに目的を達成する=欲しい商品がすぐに買える=コンバージョン率の達成を果たすための手法です。

以上のように、単にアクセス数を増やすことだけに留まらず、アクセス数を無駄なくコンバージョンを上げるため、ランディングページは考えている以上に最も大切で必要不可欠な役割を担っているのです。

クリニックと医院の違い

「クリニック」「診療所」「医院」の3つは違いはありません。ここに「病院」が加わると、3つとは違いが出てきます。「病院」、「診療所」、「介護老人保健施設」、「助産所」の4タイプのみが医療法で規定されています。

これがいわゆる「医療」に携わる場所ということになり、正規の名称です。ただ、なぜ医療関係がいろいろな呼び名をするかというと、開業するときに役所への届出によるのです。申請する「屋号」が診療所であっても、「○○診療所」とはつけずに「○○クリニック」とか「○○医院」という名称とつけることができるからです。

この3つは同じ診療所ということになりますし、診療所を英語でいいますと、clinic 「クリニック」、また医院を英語では、doctor’s office ともいいます。「医者が開業している事務所(建物・場所)」という意味です。ですのでクリニックと医院は、「診療所」を別の言い方で表しただけですから、クリニック=医院=診療所というとになります。

なお、「診療所」と「病院」ははっきりと違いがあり、主として入院ベッド数です。病院と呼ばれるのは患者が20人以上入院できる設備を持つ医療施設のことを指します。そして管理者(理事長など)は原則として医師・歯科医師でならないとされています。ただし、医療を施す場所との意味合いから、病院・診療所を問わず医院と呼ばれるこ ともあるといいますが、厳密には前述のとおりです。

診療所は単なるカゼや軽症の患者、慢性疾患など、大病院にいくよりも、一般の診療所や小規模病院でもじゅうぶんケアできるような患者は大病院へ行くよりも小規模病院へ行った方が、待ち時間も少なく、先生との診療時間も長くなるという利点を生かし、患者が行きやすくするために診療所を設けているともいえます。

また診療所は「専門科目に絞って、地域に根ざしたかかりつけ医」という役割となり、地域に根付いた診療所という位置づけとともに、病院よりも点数を高くして経営を安定させることができるという、診療所のメリットもあるといいます。

また、クリニックや診療所では新規顧客の集客が命になってきおり、ネット集客の競争が激化する中、ランディングページの制作やリスティング広告に力を入れるクリニックも増えてきているので、今までよりもネットで探しやすくなっているようです。

専用LPの準備

WEB広告や検索ワードにより、WEBサイト内のページの中から、最適なランディングページを見つけることは難しい場合も当然あることを予測して、サイトから独立した専用のLPを用意することも必要かもしれません。

「椅子 介護」でワード検索した介護用品を例として挙げると、「介護に適した電動式の椅子が欲しい」をいう購入目的が明確です。こういうケースでは、「介護用電動式椅子」の製品一覧をランディングページから見れるようにしておけば、ベストです。

また「パンツ」で検索した場合は、「介護パンツで大きさがどれくらいのものがあり、サイズだけでなく吸収力も購入する際には必要なので、パンツの選び方ひとつで快適な介護生活を提案する」ような、ランディングページを新たに用意する必要が、効果的です。

新規にランディングページを用意するには制作費がかかります。月に数件しかないアクセスのために、費用をかけてまでランディングページを準備するのはもったいないですね。ある程度のアクセス数を獲得できているのに、コンバージョン率に結び付かず、売上向上にならない広告や、検索キーワードがあるときは、ランディングページを改めて分析し、必要であればランディングページとバナー制作をリニューアルしましょう