ネットカジノ選びは還元率で決める

これからネットカジノでギャンブルをするなら、まずは考えなくてはいけない問題があります。お金を払ってゲームをする度に当たると払い戻されるお金、つまりは配当金のことです。1回のプレイで必ずいくらか返ってくるというのなら話は簡単ですが、日本国内なら公営ギャンブルにパチンコやスロット、競馬にサッカーくじなどあり、ネットカジノも同様に必ず返ってくるというわけではありません。そのため、1日にプレイした回数、あるいは1ヶ月単位などで区切って顧客に配当した割合を還元率として表します。

還元率の計算は払戻金から掛け金の総額を除算した数字で、胴元の利益と合わせて割合は100%となります。公営ギャンブルで発表されている還元率はサッカーくじなら50.4%、競馬なら74.8%、パチンコなら87.5%となっています。パチンコでもこれだけ高い数字なのに、実際に遊んでみればそれほど勝てないのは、当選者が少ないのに対して払戻金が大きいからと考えられます。このことから考えられるのは、「数値が高いからといって必ず稼げる」というわけではないことですが、実際には無視できない判断材料とも言えるのです。

オンラインカジノでルーレットを楽しみたい方はこちらをチェック!【画像あり】初心者必見!ルーレットの賭け方・カジノ攻略法・必勝法

ネットカジノの還元率は日本では考えられないほど高く、およそ94~98%となっています。この数字を見ると嘘くさいと感じるかもしれませんが、ネットカジノを運営することもそうですが、還元率も政府機関への提出義務があるため、虚偽の内容が報告されることはありません。このことから、掛け金の総額に対しての配当金が大きくなることは間違いなく、十分に一攫千金を狙うことができるギャンブルと言えるのです。ネットカジノはいくつも存在しますが、数値が高いほど勝てる可能性も高まるので、還元率の高いところを選ぶことが大切になってきます。