ハーフストップ法を使ったポーカー必勝法

カジノでポーカーというと運に左右されるイメージですが、実際はそんなことはなく頭を使えばある程度勝つことは可能です。
方法や戦術が多数あるなかでも確率論などの難しい手順なく勝ち確率を上げる方法にはハーフストップ法というものがあります。

ハーフストップ法とは、自分が定めた目標額に資金が到達したときに使う必勝法で、その稼いだ額の半分のみを使用してゲームをプレイする方法です。そうすると、利益の半分を使ってしまったとしても残りの半分は確定されるので、せっかく勝ったのに全てを失ったということを防ぐことができます。また、制約は使える額のみなので、その中であれば自分の好きなように勝負することができるのも特徴の一つです。

例としては、手元に目標額である100ドルあるとします。賭けることができる額は50ドルになるので、そのうちの10ドルを使ってポーカーを行い30ドルを獲得。そうすると次に使える額は120ドルの半分である60ドルというように単純ですが、確実に利益を出すことが可能です。この方法の終了タイミングは最初に設定した目標額の半分を使い切ってしまった時なので、上手く賭けていけば細く長く続けていけます。仮にハーフストップ法を利用している最中に大きな利益が出た場合は無理をしてその方法を続けずに切り上げても問題ありません。オンラインカジノで稼いでみたい方はこちらの記事もチェックしてみましょう! 総額10万円以上!?ベラジョンカジノのトーナメントをわかりやすく解説します!ベラジョンならアプリで気軽に楽しむことができますよ。

ハーフストップ法は一気に逆転するための勝ち方ではありませんが、だからこそ初心者から上級者まで使える方法でしょう。なぜなら、ポーカーなどカジノを行い勝つために必要なことはダメな時は深追いせずに止められることです。この方法を使うと止めるべきタイミングが分かるだけではなく、止めてしまっても手元には利益が残ります。