ハーフストップ法はルーレットを止めるタイミングが解る

ハーフストップ法は投資法というよりは、ゲームは人間の感情面に支配されることも多いため、それを防ぐ意味において止め時を与えてくれる投資法です。カジノのルーレットに限らず、様々なギャンブルに活用できる方法で、それを実践することでせっかく稼いでいたのに、止めなかったので結果的に損失になったという状況を防ぐことができます。
つまりハーフストップ法はルールに従ってギャンブルを楽しむことができる点でも優れ、それを覚えておいた方が良いです。

まずルーレットなどの赤や黒かを的中させるイーブンベットで使う場合、目標の利益の確保を目指します。例えば100ドルの目標に設定したら、試行回数を繰り返すことでまず100ドルの利益を確保することから始めます。
もちろん利益を確保すると人間はそれで良しと思う反面、ここぞとばかりに儲けたいという欲望が働くのも事実です。そこで目標の100ドルに到達した時点でハーフストップ法を導入し、そのうちの50ドルだけを利用してゲームを行っていきます。
なお、バカラの必勝法について知りたい方はこちらの記事もチェック!【バカラ攻略法】B-Focusで本当に勝てる?|評判や使い方を徹底解説しますバカラでも一攫千金を狙いましょう!

つまりそれ以降のルーレットで使用できる金額は50ドルのみで、必ず残りの50ドルは利益としておいて、手を付けない様にする方法です。ルーレットは継続して行うと調子が良い場合には50ドルの賭け金が2倍、3倍と増えていきます。
もちろんランダムに50ドルの範囲で自由に資金配分を行うこともできます。最終的には50ドルを使い果たすか、利益が倍になったりするなどで止める形にしても良いため、ルーレットなどの的中しやすいものに利用すると長くプレイすることも可能です。
もっとも利益の半分を使い切るまでというのは最終手段にして、あくまでもギャンブルを楽しむという観点であれば活用する上でも優れた方法となります。