バカラでのピラミッド法について

ピラミッド法というのはカジノゲームでの賭け方の一つで、バカラを始めとする様々なゲームに応用することが可能です。主として、勝ち負けの確率がほぼ50%で、勝ったときには賭け金が2倍になって返ってくるようなゲームであれば応用することができるのがこのピラミッド法で、バカラはまさにこのようなゲームに当てはまりますから、使うことができるのです。
カジノで稼ぎたいかた必見!ベラジョンカジノでジャックポット続出!?狙い目ゲームを紹介します!  これを読んで億万長者を目指しましょう!

ピラミッド法での賭け方としては、まず賭け金の単位を決めておきます。普通は、バカラであっても何でも、そのゲームで賭けることのできる最小単位とすることが多いですが、別に最小単位でなければならないわけではありません。それより大きくても構わないのです。ここでは、説明のために単位を1ドルとして考えることにします。

そして、1回目はその単位、つまり今回の例であれば1ドルを賭けます。2回目以降は、前のゲームで勝てば賭け金を1ドル減らし、負ければ1ドル増やします。ただし、最低でも1ドルは賭けることにします。ピラミッド法の戦略はこれだけで、分かりやすく覚えやすいので実践しやすいでしょう。この方法の特徴としては、負けが込めばそれだけ賭け金も次第に増えていくことになるので、1回の勝ちで取り戻しやすいということがあります。勝率はほぼ半々のゲームに賭けているのですから、負けの次は勝つことが期待でき、賭け金を増やすことには一定の合理性があります。

一方で、勝ちが続くと賭け金は減らしていくことになりますが、これも、勝ちの次は負けることも想定されるので、リスクをコントロールする意味で賭け金を減らしておくということには合理性があります。このようにして賭け金をコントロールしながら全体として利益を挙げることを目指すのがこのピラミッド法となります。