バカラでも利用することができる31システム投資法の魅力

カジノの中でも人気が高いバカラは、プレイヤーとバンカーが勝負してどちらが勝つかに賭けるゲームで、黒白がはっきりしています。こうしたバカラやルーレットの黒と赤のどちらかを的中させるゲームなどで活用できる投資法には、31システム投資法が存在し、その方法が優れている場合も多いです。
31システム投資法は別名2連勝法とも呼ばれており、バカラやルーレットの赤か黒かをどちらかを的中させるかについては、2連勝もしやすいこともあり、それを活用することで利益を得ることが期待できます。

31システム投資法では、投資金の31ドルを4つの段階に分け、段階を細分化して同じ配分を行う形で表を形成します。まず1段目では1ドルを3回に分けて投資を行い、2段目ではその倍の2ドルを2回に分けます。
次に3段目では2ドルの倍の4ドルを2回に分け、最後に4段目は8ドルを2回に分けます。負け続けた場合は各段階の細分化した投資金額をそのまま賭け続けます。
なお段階で勝った場合には次の賭け金は1段上の賭け金額に移行し、2連勝した時点で止める形になります。また負け続けてしまい各段階の細分化した配分を終了してしまった場合も上の階層に移動します。

この方法だと2連勝すれば、そのまま利益を得ることに繋がることができますので、そのまま利益を上げたまま止めることが可能です。もちろん4段階目の1回目で初めて勝利をした場合は、そのまま同じ配分の金額の8ドルを賭けて、それに勝利をすることで今までの負け分の総て取り戻し利益を確定することもできます。
なお1段階3回、2段階2回、3段階2回、4段階2回の合計で9回の勝負を行えます。バカラでは賭けが見事に的中して2連勝することは意外と多いので、その盲点を突いた方法としても優れています。
その他ベラジョンも初心者におすすめです。