カジノでのクラップスとは何か

カジノのゲームの一つクラップスはダイズ(サイコロ)の目を当てるゲームです。日本の時代劇とかにでる丁半のギャンブルに共通性があります。ただクラップスの場合出目をもっと具体的に当てられるゲームです。出目のパターンは36通りあり1と1や6と6の出目は最低確率の2.77%でサイコロの合計が7になるのが6パターンの出目として設定してありこの場合は最高確率なので16.66%になります。
このカジノゲームは賭け方により配当が変わります。専用テーブルに何処にかけるかが表示されているので賭ける方のスペースにチップを置きサイコロの結果を待つ仕組みです。置いたエリアによって当たった場合の配当が1倍から30倍まであります。
クラップスでは一般的なカジノにあるディーラーが存在しません。プレイヤーが順々にサイコロを振ることで公平性を出すゲームです。振る役目の人はシューターと呼ばれます。

クラップスには様々な賭け方が存在します。ただ実際には「パスライン」と「オッズ賭け(パスラインへの賭け金上乗せ)」の2つを覚えていれば十分楽しめる仕組みになっています。またこの賭け方が最もこのゲームをプレイが損をしにくいとされています。
ゲーム進行には2段階あり1投目と2投目以降とで少し考え方が変わってきます。プレーヤーは”Pass Line”と書かれている場所に掛け金を置いて全員が賭け終るとシューターは「1投目」を振り(カムアウトロールと呼びます)ます。サイコロの出目が「7か11」であればプレーヤーの勝ち2か3か12」が出ればカジノ側に賭け金を没収されて終了それ以外(4、5、6、8、9、10)が出れば第2段階へ進みます。
第2段階からはシューターの1投目が場の目(Point)となります。そしてプレイヤーは好きな場所に賭けシューターがサイコロを振るをPointが7が出現するまで続けられます。

ビットコインカジノでオンラインカジノを遊ぶ方法

クラップスはPointと賭ける場所によって配当が変わる特徴があります。賭け方としては「オッズ賭け」が利点があるとされます。これは「この方法に対する配当が正確な出現比率によって決まる」ことによります。これはただ数値を当てる行為の上にオッズ賭けを併用することによってPointが当たるときの配当金が多くもらえるところがポイントになります。
例えば4を賭けるとしたらオッズ賭けでは2倍ですが普通に4を賭ける(プレースベットの使用)の場合は1.8倍なのでもらえる金額に差が出るようになっています。またPointによっては確率が1/2のものもあるのがオッズ賭けの美味しいメリットとされています。
必然的にプレーヤーとカジノがフェアな条件でプレーできる”Pass Line”では配当が1倍でその上でオッズ賭けを行うところがこのゲームのセオリーとも言われています。