バカラなど全てのカジノゲームで使えるハーフストップ法

ハーフストップ法は、利益が最高になった時に常に利益の半分を残しながらゲームをしていく戦法です。ルーレットやバカラなど、あらゆるカジノゲームで使うことができ、確実に利益を出すことができます。

例えば、元手が1000ドルあったとします。そして、途中までの利益が500ドルでした。この500ドルを最高利益と決めます。その半分は250ドルですから、ゲームを続けていき、利益が250ドルになったらその時点でゲームを終了します。その結果、最高利益の半分は確実に手にすることができます。これが、ハーフストップ法の最大の特徴でありメリットです。また、利益の半分になるまでゲームを続けられるので、利益の機会損失を回避することもできます。

ハーフストップ法のメリットは、他にもあります。それは、やめ時のタイミングが分かるという点です。ギャンブルのやめ時は人それぞれであり、感覚で決めている人も多くいます。また負けている時は、損失分を取り返そうとしてゲームを続けてしまうので、より大きな損失になってしまうことがあります。しかし、やめ時をあらかじめ決めていれば、このような大きな損失を防ぐことができます。特にバカラなど、利益と損失の差が激しいゲームでは、有効といえます。しかし、デメリットも当然あります。まず、利益の半分になったら絶対にゲームをやめられる強い意志が必要となります。より多く儲けたいという誘惑に負けずに、最初に決めた金額でやめられるかが大きなポイントになります。これはバカラやルーレットに限らず、どのゲームにも共通しています。また、利益が出ずに元手が無くなってしまうと、ハーフストップ法は使えません。ほんの少しでも利益が出ていることが、ハーフストップ法の大前提となります。メリットだけでなくデメリットもありますが、一定の利益が確保されるので、ハーフストップ法は有効な戦法といえます。