ルーレットで勝つための10%投資法

ギャンブルと投資は似たような性質のものであり、さまざまな投資法が開発されていますが、そのひとつが10%投資法です。10%投資法は負けの損失と勝利の利益の両方に対策がされた方法で、手持ちの資金の10%を投資する方法です。つまり100万円あれば、その10%である10万円を使っていくということで、負けた場合には次回は90万円の10%である9万円、反対に勝った場合には2倍とした場合には120万円の10%である12万円を使う仕組みです。もちろん負け続ければ最終的には成功しませんが、配当倍率が高い場合には効果的に作用します。このため10%投資法が適しているのは的中した場合には大きな利益に繋げることができるハイリターンのものに限られます。
また、オンラインカジノの中には様々なボーナスを用意しているものもあります。【最新情報】チェリーカジノのボーナスを徹底調査! ぜひチェックしてみてくださいね!

カジノの場合には10%投資法を行うのであればルーレットが適しています。ルーレットでは賭けはチップで行えるので10%ずつ賭けていくことが容易です。ルーレットの仕組みはアメリカンルーレットでは0と00を含む38個の数字で構成され、ヨーロピアンスタイルは0を含む37個の数字で構成されたものがあります。それぞれ掛ける場所と、回転する回転盤があって、その外周部分に均等に分けられたポケットがあります。ポケットには赤か黒かの色がつき、数字が記されており、そこにボールが落ちることで賭けの結果とするものです。賭けるさいにはテーブルにチップを置いて賭けますが、このさいに数字に賭けるか色に賭けるかの違いがあります。特定の数字に対しては配当は36倍で、最小の赤か黒かを選ぶ場合でも配当は2倍です。このようなことからひたすら同じ場所に賭け続けることでも高い配当を得ることができるため10%投資法はルーレットでも行うことができます。