デザインとCVRの関係性が重要なポイント

ランディングページの目的は

ランディングページの目的は、いかにアクセスしてくれた顧客に対して購買力を上げさせ、購入まで導くかにあります。そのため、ランディングページのデザインは顧客に興味を与えるかどうかが重要なポイントになるため、しっかりとデザインが活きているのかチェックすることは重要です。そこで押さえておきたい指標としてCVRがあります。CVRとはランディングページにアクセスした顧客のうち、どのくらいの人数が商品を買ってくれたかの割合を示す指標となり、この値が低い場合にはランディングページのデザインが有効に機能していないことになります。デザインとCVRの関係性は、売り上げにも直接関係してくるといってもいいので、非常に重要と言えるのです。

複数のページで構成させていない

ランディングページのデザインはホームページやブログとは違い、複数のページで構成させていないため、いかにキャッチーなキーワードを散りばめられるか、説得力のある文章がかけるかが重要になります。デザインというと、フォントのサイズやページの背景色などを思い浮かべるかもしれませんが、ランディングページのデザインとは、一文一文の文章を含めてのデザインとなるため、間違えないようにしましょう。新宿・渋谷のランディングページ制作専門会社はCVRツールを持っているので無料なので共有してもらうといいでしょう。CVRをいかに上げてくかは、サイト運営者にとっては永遠の悩みですが、デザインとCVRの関係性を押さえておくことで、商材がなかなか売れない、CVRの値が下がってきているといった、対処法として、デザインをブラッシュアップしていくことが必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>