31システム投資法のポーカーとの相性

31システム投資法は、9回の勝負の内で連勝すれば勝利が確定するという攻略法の一種で、投資する額の上限を定めていることと止め時を明確にしていることが特徴です。ちなみに、31システムというネーミングが示しているように31の数字になる掛金をまず用意します。

そして、1回目~3回目は1・4回目~5回目は2・6回目~7回目は4・8回目~9回目は8の順番で賭けて行きます。ただし、2連勝した時点で終了です。また、8回目まで連続で負けて9回目のみ勝利してもその時点で終了しなくてはなりません。このために、9回全て負けた場合でも31、8連敗して9回目のみ勝った場合は7の負けで済むということです。

なお、この31システム投資法は連勝すれば良いということから勝率が50%、配当が2倍以上のゲームで用いるのが効果的です。具体的には、ヨーロピアンルーレット・バカラ・大小・ブラックジャックなどです。バカラ好きな方にはこちらもおすすめ!チェリーカジノで遊べる全種類のバカラを徹底調査
これらは連続して勝利するということは頻繁に起こるので、31システム投資法を実践することで勝率のアップを期待できます。
一方、一攫千金タイプのゲームとの相性はあまり良くないので、一度のジャックポットで100万ドル以上獲得可能なスロットマシンや獲得額が変動するポーカーで用いるのは適当ではありません。何故ならこれらのゲームは、スロットマシンではオールセブン、ポーカーではロイヤルストレートフラッシュというようにそれまでの負けを全てひっくり返せる最強のジャックポットが用意されている分、通常時の勝率はかなり低く設定されているからです。

このために1度の大当たりを引くのも大変で、9回のみという勝負では大半は全て外れという結果に終わってしまいます。つまり、2連勝などほとんど望めないということで、スロットマシンやポーカーをする時には他の攻略法を選択するのが賢明です。