テキサスホールデムにおける10%投資法の活用は効果があるか

テキサスホールデムはポーカーの一種ですが、通常のポーカーとは少し違うルールとなります。プレイヤーが共通して見ることができるコミュニティ・カードと手札の2枚を組み合わせる形でプレイを行っていきます。
その組み合わせの役で最強の方が勝ちを収めることになるのは、一般的なポーカーと一緒です。テキサスホールデムでは、1回のゲームを行う中で4回に分けて賭けを行う流れになり、しかもディラーの左隣の二人が強制ベットを行うとするルールがあります。

強制ベットの内訳は、スモールブラインドとビッグブラインドと言われ、スモールブラインドが最低ベット額の半分、ビッグブラインドが最低ベット額分を賭けなければならないルールが存在します。10%投資法を行うケースでは、テキサスホールデムの独特ルールのため、これに対応できないケースも存在するので、上手くいかない場合もあり注意が必要です。
なお10%投資法は、その名前の通り手持ちの10%ずつベットを行う投資方法となり、投資に対する余力を残しながら行う方法となります。もし2枚の手札を見て勝てる自信がある場合には、その10%投資法を行っていくことで大きく儲ける可能性も存在します。

ただ10%投資法は五分五分の勝敗のケースでは、微小ですが損失に至る場合も見られるため、テキサスホールデムに自信がない方は採用するのを控えた方が良い場合もある投資法です。ただ10%の枠組みは手持ちの1割と常に計算しやすく、決断を促すようなシーンでは大いに活用することができます。
確かに投資法にはモンテカルロ法などの様々な投資法が存在しますが、紙やペンを必要としたりしてややこしさや複雑さが残ります。しかもゲーム中にそれを行っていると素人だと見られかねないため、シンプルな10%投資法が意外と良かったりすることも多いです。
また、ベラジョンもスマホ対応していることから人気があります。