バカラなどで使える投資法「オスカーズグラインド法」とは

カジノを利用する場合、気分に任せて適当かけるという行為はご法度とされています。負けがこんだ時などにアツくなってしまい、自分では管理しきれないほどの投資をしてしまえば生活に支障が出てしまう場合もあります。一定の投資法に従った投資資産管理を行うことで、こうした想定外のリスクを抑えながらより安全にバカラやルーレットに取り組んでいくことができますので、投資法についての知識を十分に持っておくことが大切です。
オンラインカジノの中でも人気とされているゲームは特に注意が必要です。

バカラ投資法の一つに「オスカーズグラインド法」があります。オスカーズグラインド法は逆ピラミッド法といわれている投資法です。ピラミッド法は、事前に自分に管理ができる範囲のベット最小単位を設定し、ゲームに勝った場合には次ゲームでは設定した賭け額を変えずに次のベットを行い、負けた場合には設定単位に1追加した額をかけていくという投資法です。オスカーズグラインド法ではこの逆、つまり勝った場合に掛け金を1単位増やし、負けた場合には掛け金を増やしません。言葉で説明すると複雑に感じるかもしれませんが、要は事前に設定した単位で連勝時にはベット額を増やしていくという方法です。たとえ負けが込んだような場合でも、一度の連勝で取り戻すことができる投資法となっています。

またトータルの勝ち額がプラスとなった場合には、投資額を事前の設定金額に戻すというルールも大切で、これにより勝ち続けたことであまりに大きな投資を行ってしまい勝ち額のすべてを失うというリスクを回避することができます。

オスカーズグラインド法は負けた時でも、次のゲームでは常に一定額をかけるため想定以上の損失がでるということはありません。若干複雑なルールとなっていますがバカラなどで大きな損失を避けるための一方法として利用してみてください。