レスポンシブデザインのランディングページ

レスポンシブとはパソコンのみならずスマートフォンやタブレット端末のデバイスにおいて表示を最適化するためのWebサイトの作成方法であり、

主にメディアクエリと呼ばれるCSSの機能を使って画面サイズに応じて画像や文字のサイズ、またはレイアウトそのものを変化させる方法が主流です。ランディングページに掲載する文章や画像を凝ることも重要ですが、見にくいレイアウトではどんなに興味を引く文章を書けてもユーザーが一切見てくれない場合も考えられます。
このため、内容と同様にレイアウトなどの外観をユーザー目線で考えることも非常に大切なことです。従来は複数の異なるHTMLを用意しなければいけないレスポンシブレイアウトですが、最近ではHTML5などの登場により非常に簡単になりました。

ユーザーの興味を引くサイトを作らなければならないLP制作においてレスポンシブレイアウトにすることは非常に大きな意味を持ちます。

ランディングページは格安で縦に長く続く簡単なページであることが多いため、メディアクエリ等を用いてユーザー側のデバイスの画面サイズに応じてレイアウトを変更するのは通常のWEBサイトと比べて簡単です。開発コストも最小限に抑えることができるので、コンバージョンを上げたい場合には特に有効な方法です。
ただし、ランディングページにありがちな文字においても画像をふんだんに使ったページである場合にはこの限りではありません。現在は縦から順に見ていくランディングページが主流ですが、あえてレイアウトを崩してユーザーの興味を引くような手法をとるようなサイトも出てきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です