LPのコンバージョンの測定方法

コンバージョンとはユーザーが広告を見てランディングページに移行したのみならず、

実際に商品の購入、もしくは資料請求等の実際のアクションを起こすことを言います。PV、もしくはユニークユーザー数に対するコンバージョンの割合をコンバージョン率といいますが、LP制作では実際に広告に興味をひかれて広告をクリックした人がくるものなので、購入や資料請求等のアクションを起こす確率が高く、いかにしてこのコンバージョン率を高めるかがカギとなります。
具体的にはランディングページ制作はただ単に商品やサービスの説明を行うだけのみならずユーザーの関心を引くような文章を構築することが何よりも大切になります。最近ではLP制作を専門とする業者も増えてきているのでこれらを利用することもおすすめです。

LP制作でコンバージョンを高めるためには最初から理想的なランディングページを作成するのがいいのですが、

実際にはコンバージョン率を測定しつつ、完成した後にもユーザーの目線に合わせたランディングページを更新していくのも重要です。測定方法は多岐にわたりますが、最近ではGoogle Analytics等の専用の分析サイトを利用する人が多く、自分でプログラミング言語などを駆使して分析するのも可能ですが、非常に手間がかかります。
自分で作ったランディングページではなく、他の業者等に作成してもらったものであれば、効果的なコンバージョン率の測定方法を教えてもらうことも可能です。Google Analyticsでは単純な測定以外においても、目標とする値を定めるなど多様なサービスも実装しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>