デザインにおけるファーストビューの重要性

サイトを訪問したユーザーが最初に閲覧するページであるため

ランディングページは、サイトを訪問したユーザーが最初に閲覧するページであるため、ランディングページのデザインを工夫することによって、そのユーザーに商品やサービスの購買行動を適切に促すことができます。このランディングページのデザインを検討する上でもとりわけ重要となるのが、「ファーストビュー」と呼ばれる部分の取扱いです。
ファーストビューは、文字通り、ランディングページの中でもユーザーが最初に目に触れる部分のことで、具体的には、該当ページを開いた時に、スクロールをせずに閲覧できる範囲の部分のことを指しています。

このファーストビューの部分に対して

ランディングページのデザインでは、このファーストビューの部分に対して、どのような効果や内容をもった商品やサービスを、誰をターゲットとして提供しようとしているのかが瞬時に判断でき、しかも十分に魅力的であることが印象づけられるような仕掛けをします。例えば、商品のイメージを明るく表現した大判の写真をメインとして配置したり、実績などをうたった端的なキャッチコピーをタイトルとして写真に添える、といった工夫です。また、ユーザーが商品やサービスへの具体的な購買行動にすぐに移れるように、ファーストビューの部分に購入フォームに遷移する大きめのボタンを配置して誘導するなどの工夫も必要となります。
このようにして、ランディングページのデザインでは、ユーザーの視点に立って、ファーストビューにどのような要素を盛り込むかを細心の注意を払いながら検討することになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>