テキサスホールデムは10ユニット法で攻略する

テキサスホールデムで大きく勝つためには、10ユニット法を使った攻略方法を採用するのが一番です。10ユニット法というのは実にシンプルな攻略方法であり、まず二種類の選択肢のかけでどちらにするかを決めます。ルーレットの場合には赤黒のいずれかから、テキサスホールデムの場合には勝ちか負けかを選びます。その後同じ項目にどんどんお金を賭け続けていくのですが、一回目よりも二回目に二回目よりも三回目に賭ける金額を増やしていき、十回目のかけに差し掛かったところで賭ける金額を安くしていくというものです。

テキサスホールデムを10ユニット法で攻略していくことは最終的な損失になるのではないかと思う方もいますが、最終的に賭けるお金が少なくなった時には、最終に賭ける金額を大幅に減らしていくことで損失の埋め合わせができるので、結果的にテキサスホールデムでも勝てるようになります。この10ユニット法というメソッドはテキサスホールデム以外のゲームにも使える攻略方法であり、例えばバカラやバンカーにブラックジャックやルーレットなどのカジノでは欠かすことの出来ない種目でも使えるのです。試してみたい方はこちらの記事もチェック!ジパングカジノで遊べる全種類のブラックジャックを徹底調査! もちろんテキサスホールデムでも有効な攻略方法ですから、今まで負け続けていてなかなか勝てなかった方は、この方法を使って攻略していくと、いつか勝てるようになるかも知れません。

10ユニット法を使う上で一番大事なことは、目標金額とどれくらいのお金を賭けて最終的にどの程度の利益を出したいかを明確に決めることが大事です。目標もなくこの方法を使うとダラダラと賭け事を進めていってしまうことにもつながるので、データ化してどのように利益を生み出すかを考えることが大事です。