ネットカジノで収入があった場合の確定申告

近年オンラインカジノは投資しやすいとして注目されています。

会社員の収入に対する税金は給与から天引きされるのが普通
会社勤めをしている人は、収入があっても会社で天引きをしてくれますので、自分で意識して税金を納付するということがありません。ですから年末に年末調整の書類を書けばそれで終わりという人がほとんどです。確定申告をする場合でも、大抵は戻ってくるお金ですので、控除できるものを記入していくら戻ってくるのかを計算するという流れになります。

同じような収入ならネットカジノでも確定申告が必要なのでは
ネットカジノをやっている人の中には、お給料として貰っているものではないので確定申告が要らないと勘違いしている人も多いようですが、実際には一定の収入以上になるときちんと申告しなければなりませんので注意が必要です。一体いくらになると申告する必要が出てくるのかというと、払い戻しの額からベットした額を差し引いて出た儲かった額が50万円を超えた場合です。儲かった額から特別控除の額50万円を差し引いたものが一時所得になり、一時所得の2分の1の額に対して税率がかけられることになります。

申告する場合に必要なものとは
一定以上の儲けが出ればネットカジノでも確定申告しなければなりませんが、その場合に必要なのは会社からもらう源泉徴収票とネットカジノからもらう支払調書、経費の領収書やレシートです。支払調書はかけ金の証拠書類として収支明細をプリントアウトしておくと便利ですし、カスタマーサービスに連絡すれば年間でのやり取りを送ってもらえます。経費に関しては、所得300万円以下の場合には領収書やレシートが必要ありません。ネットカジノの場合には証拠が残りやすいので、きちんと申告しておいた方が安心です。