アクションボタン カラーや大きさが大切

殆ど成果がないという事例は珍しくない

ネット上に広告を表示して、たくさんの人がその広告をクリックし、ランディングページに訪れてくれたというのに、殆ど成果がないという事例は珍しくないものです。
広告をたくさんクリックしてもらえるということは、広告の表示自体に問題がある訳ではないと分かります。つまり、ランディングページに問題が隠されているということです。
ユーザーに興味を持ってもらうには、ランディングページのデザインがとても重要です。しかし、いくらランディングページのデザインを改善すればよいからといって、単純に派手な画像を掲載したり、大きな文字を表示させればよいというものではありません。

アクションボタンが目立たないのも問題

意外にも、ランディングページのデザインの改善点として見落とされがちなのが、アクションボタンのデザインです。アクションボタンは成果に結びつけるためにも、ユーザーに必ずクリックしてもらう場所になりますので、欠点を見極めて優先的に改善をする部分として注視したいところです。
この部分を目立たせるためには、アクションボタン カラーの選択が重要になります。いくら魅力的なテキストが書かれたアクションボタンを作ったとしても、肝心のテキストが埋もれてしまうアクションボタン カラーにしたのでは意味がありません。
アクションボタン カラーは、テキストが目立つように配慮して、決めるようにしましょう。
また、ランディングページのデザイン全体を見て、アクションボタンが目立たないのも問題です。この場合はデザインを重視するばかりでなく、少し大きめの目立つアクションボタンを配置した方のが効果があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>